こころとからだを整える

こころとからだのさまざまな症状に

各症状(ピンクに色が変わっているもの)をクリック or タップしていただくと、詳しいページに進みます

☆ゆかり堂で 婦人科系以外の治療機会が多い症状
頭痛(偏頭痛 片頭痛)不眠(熟睡できない 眠りが浅い)・気持ちが落ち着かない 落ち込む イライラ・花粉症などのアレルギー症状・便秘・冷え・むくみ・胃腸の不調・めまい・風邪の初期症状・肩こり・腰痛

◎鍼灸の適応
○一般に、鍼灸療法は肩こり・腰痛・神経痛などにしか効果がないように思われていますが、多くのつらい症状や疾患に効果があります

からだの痛み
・腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・四十肩 五十肩・肩こり・首こり・背中の痛み・寝違え・頚椎症など

からだの不調
・慢性疲労・頭痛・片頭痛めまい・のぼせ・冷え症不眠眼精疲労・食欲不振・腹痛・便秘・下痢・吐き気・気管支喘息・咳・喉の痛み・声が出しにくい・風邪の初期症状・鼻水・鼻づまり・花粉症など

からだの悩み
・顔や足のむくみ・肌荒れ冷え症・夜間尿・肥満・食欲不振・不眠・全身のだるさなど

こころの不調
・ストレス・イライラ・不眠・不安感・動悸・やる気低下・うつ状態など

婦人科疾患
不妊症・不育症・習慣性流産生理不順・生理痛・PMS(月経前緊張症)・月経困難症更年期障害妊娠中の諸症状(つわり・逆子など)など


☆鍼灸はさまざまな症状に対応できます
・ご相談、ご質問などございましたら、メールまたは直接お尋ねください
※メールへの返信は、お時間をいただくことがあります
・治療優先のため、治療中のお電話のお問い合わせには、十分お答えできないことがございます
・問診・施術中には、ご質問等にじっくりお答えいたします

 

◎鍼灸はなぜ効くのか?

○現代医学的な面からみると
総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系などに作用し、その結果として、中枢性および反射性の筋緊張の緩和、血液およびリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています
研究が進んできてはいるものの、まだまだよくわかっていないという現状です

○もともとは伝統経験医学
鍼灸は長い歴史の中で、多くの経験のもと、確立されてきた経験医学です
今でこそ、現代医学が発達し、経験医学の根拠を示せることもありますが、まだまだわかっていないことばかりです
現代医学では、鍼灸の効果のすべての根拠を示すことができてはいませんが、「効果がない」ということではなく、長い歴史の中で多くの経験をもとに確立されてきた中国伝統医学(中医学・東洋医学)として、多くの方々にさまざまな効果を発揮しています

☆ゆかり堂では
中医学(中国伝統医学・東洋医学)の考え方を基本に、一人ひとり異なる症状や体質に合わせた施術をおこなっています
ご説明も、一人ひとりに合わせて、現代医学の面からも、中医学の面からも、ご理解いただけるようにさせていただいております
ご不明な点は、問診中や施術中にお気軽にお尋ねください

 

(参考までに)
鍼灸の適応例
WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた疾患

◎神経系疾患
・神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛めまい不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

◎運動器系疾患
・関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折・打撲・むちうち・捻挫)

◎循環器系疾患
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

◎呼吸器系疾患
・気管支炎・喘息・風邪および予防

◎消化器系疾患
・胃腸病(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

◎代謝内分泌系疾患
・バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

◎生殖・泌尿器系疾患
・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎(勃起不全/ED)

◎婦人科系疾患
更年期障害乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順冷え症・血の道・不妊

◎耳鼻咽喉科系疾患
・中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・扁桃炎

◎眼科系疾患
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

小児科系疾患
・小児神経症(夜泣き・かんむし・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善)