つわりと鍼灸

◎つわりと鍼灸

つわり(悪阻)とは
「妊娠によって起こる悪心(吐き気)・嘔吐など消化器系の症状を中心とする症候のこと」

つわりの症状は、妊娠5~6週頃から出現し、多くは12~16週頃までに自然に消失します
約80%の妊婦さんが経験し、初産婦に多いです

つわりの症状は多彩で個人差も大きいです
悪心(吐き気)、嘔吐、唾液量の増加、だるさ、頭痛、眠気、食欲不振、嗜好の変化など
日常生活ではあまり無理をせず、食べたい時に食べたいもの(食べられるもの)を食べることを心がけましょう

☆ゆかり堂につわりの症状でいらっしゃる方のほとんどが、治療を終えるころには症状が軽くなっている、あるいは症状がなくなっています すぐに効果を感じていただけるようです

週数が6~10週くらいの方は、症状が強くならないようにしてその期間を乗り切るように
11週以降の方は、だんだんとつわりが消失していって早く終わるように、治療をおこないます
(個人差はありますので、その方の状態に合わせた方針と治療をおこないます)

自然に消失するとはいえ、妊婦さんにとってはつらい症状です
妊婦さんが食事を取れない状況が続くと、おなかの赤ちゃんのための栄養も少なくなってしまいます
つらい症状が続く場合や、お仕事をされていて無理をしてしまうなどお困りの際は、ご相談やご連絡ください

◎つわりの症例

 

※つわりの症状でにおいに敏感になっているとき「お灸のにおいは大丈夫だろうか」と心配になる方もいらっしゃると思います
気になる方はこちらをご覧ください

 

≪つわりと鍼灸≫

≪つわりと鍼灸 その2≫

≪つわりと鍼灸 その3≫

≪つわり治療の正直な感想≫