つわり(悪阻)の症例

◎第2子 妊娠13週

妊娠前から体重6kg減少
食べられない・水分もとれない・唾液過多・吐き気(嘔吐あり)
ピーク時は産科で点滴をおこなう
少しマシになり、外出できるようになったため来院
第1子のときは臨月までつわりが続き、妊娠前から体重が減ったまま出産されたとのこと

○初診の来院時は、入室と同時にトイレに籠る状態でしたが、帰るころにはスッキリしてお腹が空いてきたとのこと
次回来院時までに嘔吐する回数が大幅に減り、3回の施術でかなり落ち着きました

 

◎第2子 妊娠11週

妊娠前から体重5kg減少 → BMI:16を切りそうになる
つわりのため約3週間入院(第1子のときも入院)
吐き気(嘔吐あり)・胃のムカつき・胃痛・唾液過多
第1子がいるため、この状態が長く続くことに不安があり来院

○初診来院時は、支えがないと歩けず、ご主人に車で送ってもらい来院
施術後、胃のムカつきがなくなり楽になる
帰りは一人で歩いて帰宅されました
初診の施術後食欲が増し、調子が良いとのこと
2回の施術で症状は落ち着きました

 

◎第1子 妊娠10週

妊娠前から体重9kg減少
食事量は妊娠前の1~2割・水を飲めない・嘔吐を繰り返す・唾液過多
産科で点滴をした直後はよいが、またつらい状態に戻る
唾液過多で睡眠不足
友人のご紹介により、少しでも楽になれば、と来院

○初診の治療後は調子が良く、体重が4kg増える
3回の施術で食事量も戻ってきており、症状も落ち着いてきました 

 

◎第1子 妊娠12週

妊娠前から体重6kg減少
吐き気(嘔吐あり)・胸のムカムカ・だるさ・唾液過多・体力低下
外出困難なほどつらい、貧血と栄養失調で医師からは入院も選択肢のひとつと言われる
つら過ぎて妊娠を後悔したり、そう思ってしまう自分を責めたりする

○初診の施術後 数日はよかったが、またつわり症状が強くなる
4回目の施術後(初診から半月後)劇的に良くなり、ほぼつわりがなくなりました

 

つわりの症状でいらっしゃる方のほとんどが、治療を終えるころには症状が軽くなっている、あるいは症状がなくなっており、すぐに効果を感じていただけるようです

施術後、週数や症状により、またつわり症状が強くなることもありますが、「鍼灸治療を受ければ楽になれる」「予約の日まで頑張れば、また楽になれる」と思えることが心強かったとお話しされる方々もいます

「つわりは我慢するものだ」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、我慢するだけでなく、症状が軽くなったり楽になる手段はあります