はりきゅう治療  鍼灸(しんきゅう)治療

東洋医学(中医学)の観点から、弁証論治(べんしょうろんち)をおこないます
・詳細は「治療方針」をご覧ください


○鍼(はり)について
・鍼(はり)は、使い捨てのディスポーザブル鍼を使用いたします
 使用後は廃棄いたしますので、ウイルス感染の心配はありません

・鍼は、基本的には、寸3-0番と呼ばれるものを使用いたします
◎長さ40㎜・太さ0.14㎜の鍼で、写真のとおり極めて細いものです
※写真は、0.5㎜のシャーペンの芯・爪楊枝との比較

・体格の大柄な方や鍼を行なう部位によっては、別の鍼を使用する場合がございます その際は、現物を見せてご説明いたしますので、ご安心ください


○灸(きゅう)について
・灸(きゅう)は、必要な場合に、ご了解を得てから行ないます 温感を与えることを目的とするため、痕は残りません

・ジワーっと温かくなったり、ポカポカと温かく感じると思います 万が一熱い場合はすぐに除去いたしますので、ご心配はいりません


 お灸抱いていたイメージよりもかなり小さいのではないかと思います


灸頭鍼(きゅうとうしん)
鍼の上にもぐさをつけて火をつけます
鍼の効果を高めたり、冷えた部分を温める効果があります