第2子以降をご希望の方へ

ゆかり堂には、子宝希望の女性が多くお越しになります
第1子希望の方もいれば、第2子希望の方もいます
また、第1子希望で来院し妊娠・出産され、その後、第2子希望でまた来院し妊娠・出産される方もいます
 
第1子希望と、第2子希望では、状況・環境が全く異なります

第2子希望の妊活は、子育てをしながらの妊活となり
「第1子のときと同じようにはいかない」と悩む方も少なくありません
そういう状況になったときに
『こどもがいるから』と思うのか
『こどものために』と思うのかで、心持ちはだいぶ異なります

第2子希望の女性からよく耳にする言葉は
「こどもがいるから○○できない」というものです
第2子以降の妊娠・出産を考えるときに、第1子のことを考えるのは当然のことです
第1子のためを思っておこなうことが、逆に第1子に我慢や負担をかけてしまっているのではないか と悩むこともあります
その状況を「こどもがいるから○○できない」と考えてしまうと、それが「こどものせいで○○できない」に変わってしまうかもしれません

それを『こどものために』と思えるようになると、心持ちや行動が変わるのではないでしょうか
「第1子のためにきょうだいがいたほうが良い」ととらえてもいいですし、
第2子希望の妊活が「第1子に我慢や負担をかけてしまっている」というよりも「我慢や負担も良い経験となり、成長につながる」と『こどものためになる』ととらえることもできます


◎子連れの治療OKです

ゆかり堂には、子連れで治療にお越しになる女性も多いです
クリニック等では、子連れ禁止のところもありますが、ゆかり堂では、何の問題もありません
院内には、もともとあまりものを置いていませんが、子連れの治療の際は、危険の無いように対策しています


◎こどもが活発過ぎて心配①

治療中に、こどもが活発過ぎて(落ち着きがなくて)危なかったり迷惑をかけたりするのでは、と心配する方もいます
ゆかり堂では、一人ひとり治療をするので、他の方への影響ありません
私もこどもがいる中での治療は慣れているので、影響はありません


◎こどもが活発過ぎて心配②

治療中、こどもがいることで収拾がつかなくなったことはありません
「うちの子は絶対おとなしくできないと思います」と話していた方も、
一緒に連れてきたら「意外と大丈夫だった」と次回以降も子連れでいらっしゃる方もいます
親が思っている以上に、こどもたちは日々成長しているようです
危ないことをしようとしたり、走り回ったりするこどもは、今のところいません
ちゃんと空気を読むこどもも多いです


◎ベビーカーでお隣に

歩き始める前の乳児や幼児でも、お昼寝中などはベビーカーのまま中に入っていただき、お母さんの隣で安心して過ごすこともできます
通常、ベビーカーは入口に置いておいていただきますが、 そのまま中に入っていただくこともあります
その際は、ベビーカーの下に敷物を敷いて、 治療ベッドの隣にいられるようにしています
状況によっては、治療の途中に≪授乳タイム≫を設けることもあります(私は席を外しています)


◎お灸が気になる

お灸は火を使います こどもに危険がないか気になることと思いますが、十分配慮しておこなっています
お灸に火をつけると煙がモクモクと立ちのぼりますが、煙を嫌がる子はほぼいません
煙が上がっていくのを不思議そうに見ていたりします
手を出しそうになる子もいますが、触ってしまってやけどをした子はいません
どうしても気になるという場合は、お灸を使わず鍼のみでの治療も可能です
冷えがある場合などはお灸が効果的なのですが、手段はさまざまですので、嫌がることを無理強いすることはありません


◎横浜市 乳幼児一時預かり事業

一時保育の場合は、一日の保育で日額がかかり
一時預かりの場合は、短時間の利用が可能で時間あたりの料金がかかります(横浜市は良心的な料金設定です)
ゆかり堂から徒歩5分くらいの場所に一時預かりの施設があるので、そこを利用してお越しになる方もいます
ただし、一時預かりの施設は以前に比べ増えていますが、まだまだ少ない状況で、利用希望者も多いため、予約が取りにくいようです
一時保育、一時預かりについては、各自治体の利用法をご確認ください

横浜市 乳幼児一時預かり事業

横浜市 一時保育のご案内


◎その他に気になることは、お気軽にお問い合わせください

すべての要望に応えられるとは限りませんが、可能な範囲で対応させていただきますので「多分無理だろうな」とあきらめずに、お問い合わせください



第2子希望の方は「一人こどもがいるから」ということが、プラスにもなるしマイナスになることもあります
第1子希望のときは、「このままこどもができないかもしれない」と頭をよぎる女性も多いですが
第2子希望のときは、そのようなプレッシャーはなくなり、プラスに働きます
しかし、「こどもが一人いるから、二人目が出来なくても…」とそのときの状況や環境によって消極的になったり、後ろ向きになってしまうこともあり、これはマイナスに働いてしまいます
『こどもがいるから』をどうとらえて『こどものために』何をどう実践していくか
それはご自身の、そして夫婦間の判断です

ゆかり堂では、それぞれの判断に対して、治療はもちろん、置かれた状況・環境に応じた可能な範囲での最大限のサポートをしていきたいと思います
気になることは、お気軽にご相談ください


 


2018年02月17日