新型コロナウイルス感染症と妊活・妊娠・出産・産後

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が妊活中・妊娠中・出産・産後にどのような影響を与えるのか 気になる方は多いと思います
各学会から出されている情報をまとめてみました

一般社団法人 日本生殖医学会
4月1日『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する日本生殖医学会から声明』

・妊娠、特に妊娠初期の胎児に及ぼす影響は明らかになっていない
・母体から胎児への感染の可能性は不明
・妊婦における COVID-19 の感染リスクが高いとはいえない
一方で、
・妊婦において COVID-19 感染の重症化の可能性が指摘されている
・感染時に使用される治療薬として妊婦に禁忌の薬剤による治療が試行されている
・不妊治療による妊娠が成立したあとの COVID-19 感染への対応に苦慮することが予想される
・受診や医療行為に関連した感染の新たな発生も危惧される
このような背景から、
・国内での COVID-19 感染の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる COVID-19 予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、不妊治療の延期を選択肢として患者さんに提示する

〇これを受けて、ゆかり堂にお越しの方の中にも専門クリニックの医師から不妊治療の延期を提案された方もいます



公益社団法人 日本産科婦人科学会
4月7日『妊娠中の皆さまへ』

・妊娠中に新型コロナウイルス感染症にかかる率は一般の方と同じです
・幸い、妊娠中の重症化率も一般の方と同じかむしろ低い値が報告されています
・急な帰省分娩の検討はぜひ避けてください
・感染予防のために付加的な医療サービス(立会分娩、面会など)が 制限されます
・妊婦健診は重要であなたとあなたの赤ちゃんのいのちと健康を守ることが証明されています しかし、妊婦健診の間隔を延ばしたり、 超音波検査の回数を減らす、パートナーの立会いをお断りすることがあります
・感染予防のために現在新型コロナウイルスに感染中の方や強く疑われる方の分娩方法や授乳方法を変えざるを得ないことがあります



感染症専門医の忽那賢志医師
4月12日『妊娠中に新型コロナに感染するとどうなる?最新のエビデンスと注意すべきポイント』

・妊婦さんが新型コロナウイルス感染症に罹ってしまった場合も、特に妊娠していない同年齢の人と比べて重症度は変わらず、特に妊娠の経過にも悪影響は及ぼさないだろうと考えられています
・稀に母子感染が起こる事例もあるようですが子宮内感染についてはよくわかっていない
・新型コロナウイルス感染症にかかった新生児が重症化しやすいということはなさそうです
母子感染に関しては
・妊娠中の母から子へのコロナウイルスの感染の頻度は高くありませんが、出産後の新生児は人から人への感染の影響を受けやすくなっています
・出生直後に新型コロナウイルスが検出された新生児が少数報告されていますが、出生前に感染したのか出産後に感染したのかは不明です
・新型コロナウイルスは、羊水、母乳、またはその他の母親の検体からは検出されていません


※これらは一部抜粋ですので、詳細は各リンク先をご確認ください



これらを読んでいくと、それぞれの立ち位置で見方が変わってきます
不妊治療の観点から見ると、まだよくわかっていない・感染した場合の対応ができないから勧められない、延期という選択肢を提示する
産婦人科の観点から見ると、妊婦さんの不安を軽減させる、無事に出産するための協力と要望を伝える、感染した場合でも出産・産後にできる対応を模索する
といったことが読み取れます
不妊治療の観点はこれから妊娠する方へ、産婦人科の観点はいま妊娠中の方への情報です
それでいうと、感染症専門医の忽那医師の観点が中立的かもしれません

大まかにまとめると 現段階では
・妊娠中の感染リスク・重症化のリスクは一般の同年代と変わらない
・母子感染・子宮内感染に関してははっきりしていませんが、現段階では羊水や母乳から新型コロナウイルスは検出されていない
・妊娠中の投薬治療に制限がある(これは新型コロナウイルス感染症にかかわらずです)
・感染中もしくは感染が強く疑われる場合、妊婦健診の間隔が空いたり、分娩する病院が指定されたり、分娩方法や授乳方法を変えざるを得ないことがある
ということのようです


4月7日に出されている一般社団法人 日本産婦人科感染症学会『医療者向けガイドライン第3版』には 「妊婦は免疫力が低下して あらゆる感染症にかかりやすいといった不正確な情報」に惑わされないようにとの記載もあります
私も 情報収集には細心の注意を払っていますが、不正確な情報は不安が増すばかりです
新型コロナウイルス感染症は、発生からまだ間もなくわかっていないこともたくさんあります
疑い出したらキリがありませんが、これまでに積み上げてきたデータもあることでしょう
それらをふまえた情報をまずは頼りにするしかないようです


感染症学の分野では、感染症に罹患しない方法はいたってシンプルです
「他との接触を一切避けること」
これができれば感染症に罹患することはありません

『緊急事態措置への対応に関して』にも書きましたが、鍼灸治療を必要とする気持ちよりも 感染症に罹患する不安が上回るようでしたら、 迷わず外出自粛を選択してください
同じように、妊活中の方で今の時期に妊娠することに不安を感じるようでしたら延期することも選択肢のひとつです
しかし、早く妊娠・出産をしたいという方は、より正確な情報を確認しつつ感染予防を続けながら妊活を継続していいと思います

ゆかり堂では、情報を随時確認しながらも、よくわからない将来に不安を抱くよりも今できることをしていきます
妊活中・妊娠中・産前・産後に鍼灸治療を望む人のために最善を尽くすのみです

皆さんも基本は
・3つの「密」(密閉・密集・密接)の防止
・飛沫感染、接触感染の防止…マスク着用、手指の消毒、咳エチケット、手洗い、室内や物品の定期的な消毒
・移動時における感染の防止
これらの予防をして、妊活中でも 妊娠中でも 産前・産後でも 感染症に罹らないことが第一です



2020年04月14日