更年期障害の緩和

◎更年期障害

「最近、からだの調子が以前と変わってきた なんだか調子がおかしい」
「さまざまな症状があらわれるようになった」
「気分が不安定・憂うつになってきた…」
などの症状に心当たりはありませんか?
「年齢的に更年期かも…」と心配な方もいらっしゃるかもしれません

 

◎更年期障害とは

「更年期(成熟期から老年期への移行期)にあらわれる不定愁訴を総括した症候群」

・閉経期のホルモンバランスの乱れにともない、自律神経にも乱れがおこることにより、局所の血管調節が乱れ、局所の血流が多くなったり、妨げられたりして症状があらわれます
・更年期障害では、身体的な面だけでなく、精神的な面にも影響があらわれることがあります
・女性だけのものに思われるかもしれませんが、男性にも更年期障害(または更年期障害のような症状)はみられます

 

◎更年期っていつ?

個人差はありますが、40歳過ぎ~55歳頃と考えられます
女性の卵巣機能が衰えはじめ、ホルモン環境が徐々に、あるいは急激に変わり、月経不順から閉経に至ります
女性の閉経の平均が49~50歳といわれています(個人差により45~55歳頃)

卵巣機能の低下によるホルモンバランスの変化に、からだが適応しようとしておこる反応がさまざまな症状としてあらわれ、程度がひどくなると更年期障害といわれます

 

◎あらわれる症状

・顔面紅潮・のぼせ・ほてり・発汗・手足の冷え・動悸・イライラ・焦り・憂うつ・やる気の低下・頭痛・不眠・めまい・手足のしびれ・手足の感覚が鈍くなる・耳鳴り・疲れやすい・手足の痛み・肩こり・腰痛・性交痛など

症状の種類・程度・期間など個人差が大きいです
ホルモンバランスの変化にからだが適応しようとしているので、その変化とからだの適応の仕方により、あまり症状がみられない女性もいれば、さまざまな症状が長くみられる女性もいます

 

◎鍼灸によるアプローチ

○ホルモンバランス・自律神経系を調節します また、局所の血流を調節することで、ほてりや冷え、頭痛や肩こりなどの改善をはかります

あらわれる症状はさまざまで、一人ひとりその程度も日常生活も社会環境も異なります
からだにあらわれる症状が強い方もいれば、イライラ・憂うつ・焦り・やる気の低下などこころの症状が強い方、こころとからだ両方の症状が強い方もいます
一人ひとりの状態に合わせて施術をおこない、からだやこころ全体のバランスを整えていきます


早い方だと41,42歳頃から症状があらわれ、その時期にショックを受けるかもしれません
「更年期」という言葉に過剰に惑わされず、からだにあらわれた変調を整えようととらえたほうがよいと思います

からだが整ってくるとこころも整ってきます
こころが整ってくるとからだも整ってきます

「更年期」ということを過剰に意識し過ぎず、普段からこころとからだのバランスを整えておくことが、健やかにいきいきと過ごす秘訣かもしれません

「最近ちょっとヘンかな?」「最近気持ちが不安定だな」
「つらい症状を少しでも和らげたい」「すぐれない体調を元に戻したい」
などと思ったら、ゆかり堂までご相談ください