婦人科の基礎知識

☆婦人科の基礎知識

◎月経の流れ

○月経周期
・生理初日を1日目として、次の生理初日の前日までを1周期とし、理想は28日となります

○理想的な月経周期
・生理日数が5~7日目で終了し、14日目頃に頚管粘液を伴う排卵がある【低温期】
・排卵を境に【高温期】へと変化し、約14日間続いた後、次の生理が始まります

【低温期:14日】→【排卵】→【高温期:14日】1周期28日 が理想です

◇低温期:新たな卵胞・卵子を作る時期です

◇排卵:頚管粘液(おりもののような粘液)が排卵のサインとなります
 ただ、本人に自覚がないほど少ない量の方もいらっしゃいます
・BBT(基礎体温)を見ると、LHサージが排卵のサインとなります
※LHサージとは、低温期の中でもさらにBBTが下がった後、高温期へと変わる タイミングのことです

◇高温期:受精卵が子宮内膜に着床しやすい環境を作る時期です
・子宮内膜をどんどん厚くしていき、BBTも高温となります
・イメージとして 『温かいふかふかのベッドで 受精卵を優しく受け止め、着床する』準備をします

◇生理:受精卵が着床しなかった(妊娠に至らなかった)ため、次の準備に入ります
・新たな卵胞・卵子を作るために、子宮内をリセットします
・リセットをするために、厚くなった子宮内膜をはがし、子宮外へと排出しようとします  この時に出血や痛みを伴う生理となります

 

◎子宝希望(不妊について)

◎不妊とその要因

◎不妊治療の基礎知識

◎治療法の3ステップ

◎鍼灸による不妊治療

◎鍼灸治療のペースと妊娠に至るまでの期間

◎妊娠をしたら

◎不妊治療クリニックの選び方

◎不妊治療専門クリニック一覧

◎ゆかり堂の少子化対策

◎胚移植と鍼灸治療

◎慢性子宮内膜炎と検査のタイミング

◎男性の妊活(男性不妊について)

◎子宝希望の症例

◎妊活コラム