不妊とその要因

◎不妊について

○不妊の定義
結婚後、こどもを授かりたいと思いながらも、1年以上(以前は2年)妊娠~出産に至らないケース
☆期間にかかわらず、こどもを授かりたいと思いながらも妊娠~出産に至らないときは、焦る必要はありませんが、早めに対策や取り組みをおこなったほうが良いです

○不妊の原因
・不妊というと原因は女性にあると(世間一般には)思われる方々が多いのですが、WHOの調査では、男性のみが原因の場合、そして男女両方が原因の場合がそれぞれ24%で合計48%が男性に何かしらの原因があるとなっています

【WHO調査 不妊の原因】
・男性のみ…24%
・男女両方…24%
・女性のみ…41%
・不明  …11%

☆男性も積極的に不妊外来を受診することをお勧めします・抵抗があるかもしれませんが、何も問題がなければそれがわかるだけでも一歩前に進みます 夫婦でともに協力していくことが大切です

※ 男性の妊活(男性不妊について)はこちら

 

◎不妊の要因

①生活スタイルの変化
・服装やエアコンなど環境の変化
・食生活の変化 など
・日常にかかわることから体質への影響
→ 低体温 月経周期の乱れ 無排卵 など

②婚姻時期の晩婚化
・子育て環境などのバックアップ体制への不安から 子作りまでの時期が遅れる など
・年齢的な要因
→卵子の質の変化 月経周期の変化 経量の変化 など

③ホルモン値・子宮・卵巣・卵管・精子などの器質的な要因
・ホルモン値など 検査結果が思わしくない
・子宮内膜症・子宮筋腫などがある
・精子の数が少ない・運動率の低下 など

④身体的・精神的ストレス
・お仕事が忙しい
・日常の人間関係
・身近な交友関係内での妊娠・出産報告(ストレスや焦りを感じる方もいます)
・年齢的な焦り
・漠然とした不安感 など
→①②③ともに共通する要因で、日常生活から切り離せません
 不妊への影響も大きいと思います

など さまざまな要因が複雑に絡みあっていることが考えられます

 

◎子宝希望(不妊について)

◎婦人科の基礎知識

◎不妊治療の基礎知識

◎治療法の3ステップ

◎鍼灸による不妊治療

◎鍼灸治療のペースと期間

◎妊娠に至るまでの期間

◎不妊治療クリニックの選び方

◎不妊治療専門クリニック一覧

◎ゆかり堂の少子化対策

◎胚移植と鍼灸治療

◎慢性子宮内膜炎と検査のタイミング

◎妊活コラム