頭痛(片頭痛 偏頭痛)の改善

◎頭痛

頭痛に悩む、つらいという方は結構いらっしゃいます
頭痛はからだにもこころにも影響し、日常生活の質が低下してしまうこともあります
・病院で検査しても異常がなかった
・頭痛のたびに薬を飲みたくない
・頭痛のない生活を送りたい
など、改善したいと思うのは当然のことです

※できることなら、鍼灸を受診する前に、1度病院で検査を受けてみることをお勧めします
頭痛は、命にかかわる危険な兆候のこともあり、脳や血管系に異常がないことを確認してからのほうが、ご自身もひとまず安心できると思います

 

◎頭痛とは
「頭部に感ずる痛みの総称 痛覚神経や血管系、脳神経系などへの刺激により発生するが、刺激を受ける局所の痛みだけでなく、広範囲に感じられる関連痛」

 

◎頭痛の分類
○機能性頭痛:片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛
鍼灸により改善が見られます
・病院を受診し、脳などに異常はなかったが、症状が改善しない…という方が鍼灸を受診するケースがよくあります

○器質的頭痛:脳出血・脳腫瘍・脳血管障害・脳圧亢進症状など
・器質的頭痛は、命に係わる危険な頭痛です
・突然金槌で殴られたような強烈な頭痛、視野が狭くなる、ろれつが回らない、麻痺を伴うなど、お心当たりのある症状のある方は、すぐに病院での検査や救急車を呼んでください

 

☆鍼灸により改善が見られる機能性頭痛

○片頭痛(血管性頭痛)
 片頭痛というからには、頭の片側だけが痛む…と思いがちですが、頭の片側のこめかみから目のあたり、両側、後頭部のこともあります
「特徴」
・発作的に始まる反復性の頭痛:月に数回、周期的にときどき起こり毎日ではない
・日常生活に影響が出る:家事や仕事などに影響が出てしまう 暗く静かな所で横になりたい
・大きな音、強い光、不快な臭いなどで悪化する
・吐き気がしたり、吐いたりしたことがある
・成人女性に多い:成人女性の約1割が片頭痛もちといわれている
・血管が拡張して起こる頭痛のため、マッサージや入浴で緩解しない(楽にならない)
・ズキンズキン、ガンガンなど、拍動性の痛み
・前兆として閃輝暗点(せんきあんてん)があることが多い:目の前がチカチカ、キラキラする
・血縁者に似た頭痛の症状の人がいる

○緊張型頭痛(筋収縮性頭痛)
 頭部や頚部の筋が持続的に収縮し、血管が収縮して起こる頭痛
 頭が痛いというよりも、頭が重い、スッキリしない、というような違和感があります
 頭痛の原因の約8割を占めるといわれています
「特徴」
・両側性のことが多い
・頻度は、月に数回から毎日、などさまざま
・肩こり、目の疲れ、顎関節症、倦怠感、めまいなどを伴うことが多い
・身体的・精神的ストレスが誘因となることが多い 「ものすごく疲れている」「過緊張の状態が続く」など
・頭が重い、圧迫感、鈍痛、締め付けられるような痛み、スッキリしない
などの症状が、何となくはじまり、だらだらと続く

○群発頭痛
「特徴」
・20歳代・30歳代の男性に多い
・ひとたびはじまると、1~2か月の間、毎日のように群発して起こる
・年に1・2回の周期で起こり、その期間以外は頭痛は起こらない
・頭痛の頻度は、1日に1回くらいで、1時間程度で自然に戻る
・片目の奥がえぐられるような激しい頭痛
・睡眠中に起こりやすく、明け方の痛みで目を覚ます
・目の充血、涙を流す、鼻水、鼻づまり、顔に汗、まぶたの腫れ、などが起こることもある

 

◎鍼灸によるアプローチ

○ゆかり堂では、一人ひとり異なる症状に対して合わせた施術をおこなっていきま

頭痛といっても、右側だけが痛い、後頭部が痛い、頭全体が重い、寒いと悪化する、のぼせた感じがする、イライラしている、鬱々としている、打撲をした、発熱がある、など人それぞれ症状は異なります
その症状に応じて、からだやこころの状態がどうなっているのかを判断し、その病因に対してアプローチをしながら全体のバランスを調整していきます

☆来院時に「頭痛がある」という方のうち、ほとんどの方が施術が終わるころには頭痛がなくなっています

頭痛で日常生活に支障が出てしまっている方、スッキリしない方、寝込んでしまう方…
より健やかに過ごせるようになりたいと思ったら、ご相談ください

◎頭痛の症例