眼精疲労の改善

◎眼精疲労

眼精疲労とひと言でいっても、単なる眼の症状だけでなく、肩こりや頭痛などをともなうことも多いです
パソコンや携帯電話、スマートフォンなど、画面を注視することの多い日常生活の中、眼精疲労を訴える方、眼精疲労による症状があらわれる方が増えています

 

◎眼精疲労とは

「眼を使う仕事をするとき、その仕事量に比較して疲労状態が著しく強く、休息によっても十分な回復が得られず、また眼を使う仕事をしないときでも、眼に疲労症状(かすみ、眼痛、頭痛、羞明など)を生じたり、肩こり、胃部不快感、全身のだるさなどを自覚する状態のこと」

・眼を使い過ぎたときに、疲労が特に強く、休んでも回復しない
・普段から、眼のかすみ、眼の痛み、まぶしさ、頭痛、肩こり、だるさなどが自覚症状としてあらわれる

 

◎眼精疲労の原因

・主に調節機能の低下が考えられます
・視野狭窄・視野欠損などがあれば視神経や脳に問題があるかもしれません
・眼圧異常による眼の症状も考えられます
・程度が重い方、気になる方は、1度検査を受けることをお勧めします

・調節機能の低下には、全身性の疲労、使い過ぎによる筋疲労、焦点が合いにくくなる調節性疲労、ストレスなど精神性の疲労などが原因として考えられます
・特に最近では、パソコン・携帯電話・スマートフォン・携帯端末・携帯ゲーム機などの画面を長時間見ていることが原因になりやすくなっています
・その他、長時間勉強する受験生や、細かい作業に従事する方など、使い過ぎによる疲労が原因となることが多いです

 

◎症状

・疲労時にものがぼんやりと見えたり、視力の減退がみられる
・眼痛や前頭部、こめかみの圧迫感などがあり、ひどくなると吐き気をともなうこともある
・視力低下、眼の渇き、かすみ目、まぶしさ、頭痛、肩こり、だるさなど様々な症状を自覚する

 

◎鍼灸によるアプローチ

眼の筋疲労や調節機能疲労の改善を目的とし、眼の症状にともなう肩こりなどの症状への対処など、全身的な調整も加えていきます
眼の付近や顔面部に鍼をすることもありますが、ごく浅いものですのでご安心ください
一人ひとりの状態を見極め、その状態に合わせた施術をおこなっていきます

眼は、起きている間はずっと働いてくれています
そして、生活していくうえで得られるさまざまな情報は、視覚に頼っている部分が大きいです
働き者の眼に感謝しつつ、可能な限りの労いやケアをしてあげたいものです

眼精疲労の患者さんは、施術後、視野の広がりや明るさを感じる方も多いです
ここに書かれている情報も、眼を使って得られています
眼の症状がある方、眼のケアをしてあげたい方は、ご予約・ご来院ください