冷え性・冷え症の改善

◎冷え症(冷え性)

女性に多くみられる冷え症 季節を問わず症状が見受けられます
寒冷期はもちろん、夏季の冷房に悩む方も多いと思います
表は暑いけど、室内は寒くて末端が冷える・・なんて経験はありませんか?

冷えは、体調、免疫力、低体温、生理痛、不妊、更年期障害など、さまざまな症状とかかわりがあります

 

◎冷え症(冷え性)とは

「身体の他の部分が全く冷たさを感じないような室温において、身体の特定の部位のみが特に冷たく感じ、耐えがたい場合」

・部位は腰部が最も多く、ついで足部が多い とされています
・寒冷期に多く発生する 夏場でも過ごす環境により症状を訴えることがあります

 

○環境要因の影響
①気候
・寒冷期など外気温の影響を受けやすくなります
・手足や腰部、下腹部の冷えや血行障害を生じます
②室温
・夏季など外気温が高いため、室内のエアコン等により冷えを感じるようになります
・冷え過ぎる環境に長くいること・外気温との温度差で自律神経系に乱れが生じます
③食事
・生もの、生野菜、冷たい飲み物などにより、内臓からからだ全体が冷えてしまいます
・これらの多食・多飲は、内臓機能の低下にもつながります
④衣服
・手足や腰部・腹部を露出した服装による冷え
・特に若い女性は、冷えがあってもファッション重視で我慢する傾向にあります
・また、若い頃は感じない・感じなかった冷えでも、薄着をしてきた積み重ねで、数年後に冷え症になることもあります

○自律神経系の異常
①ストレス
・日常生活や人間関係で感じる精神的ストレス
・仕事の忙しさなど体力面や疲労感で感じる身体的ストレス
・誰もが感じるストレスですが、過度な緊張などが続くと自律神経系に乱れが生じます→自律神経失調の症状のひとつで、冷え症が強くなることがあります
②気温差
・季節の変わり目の気温差、夏季のエアコンなど外気温と室内の気温差など
・からだが気温差に対応できず、自律神経系に乱れが生じます

○更年期障害
・閉経期にかけてホルモンバランスの変化により、自律神経系の乱れが生じることがあります
・自律神経系の異常により、局所の血管調節が乱れ、血流が多くなったり妨げられたりすることで、ほてりや冷えなどの症状のほか、不眠、イライラ、腰痛、肩こりなど、さまざまな症状があらわれることがあります

○生理不順・不妊症など
・生理不順、生理痛などを訴える女性の手足や腹部は冷えていることが多く、症状の改善と冷えの改善がともなうことも多いです
・また、不妊症のケースでも同様に、手足や下腹部の冷えが見られることが多く、冷えの改善を並行しておこなっていくことが多いです
将来の妊娠・出産を考えて、若いうちから冷えを改善させておくことも大事なことです

 

◎鍼灸によるアプローチ

○自律神経系の調節、局所や全身の血液循環の改善を目指します

冷えは、その原因がさまざまです
原因を特定して改善していったり、さまざまに絡み合う要因があれば全体的なバランスを調節しながら施術をおこなっていきます
冷えでは、鍼とともにお灸を多用するケースが多いです からだの芯からポカポカしてきます

○ゆかり堂では、さまざまな要因、全体のバランスや機能の働きを、問診・脈診・舌診・触診などによって見極めていき、一人ひとり異なる状態や体質に合わせて施術をおこなっていきます

冷えを感じる方が、鍼灸治療を受けていると、ポカポカと温まっていくことを感じたり、温泉に入っているかのようにからだの芯から温まるように感じる方もいらっしゃいます
冷え症は、日常生活における要因が大きな場合もありますが、なかなか変えられないこともあります
ご自身で改善できることは改善し、そこに鍼灸治療を組み合わせれば、好転していくことと思います

冷えの改善は血流の改善や代謝が向上し、体調面や肌質、血色など美容面の効果もあらわれてきます
健康で美しく過ごしたい女性にとって、冷えの改善は大事な要因です
冷え症でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください


ゆかり堂で冷え対策に活躍している「手作りホットパック」