不妊治療クリニックの選び方

なかなか子宝に恵まれず、
「とりあえずクリニックに行ってみたい」
「何か問題がないか検査をしたい」
「本格的に不妊治療をはじめたい」
と思ったとき、
「どこのクリニックに行こうか」と迷う方は多いと思います
クリニックのHPや口コミ、体験談などによって情報収集はできますが、何を基準に決めたらいいのかと悩みがちです
そこで、大まかにですが、いくつかの選択基準を書いていきたいと思います

 

①一般の婦人科か専門クリニックか

一般の婦人科でも、ひと通りの検査をしたり、タイミング療法・人工授精をおこなうことができます
「いきなり専門クリニックに行くのは‥」という方は、一般の婦人科を受診しても良いと思います

専門クリニックでは、より詳しい検査ができたり、タイミング療法・人工授精に加えて
・体外受精・顕微授精ができる
・生殖医療の専門医である
という点が、大きな違いとなります

体外受精・顕微授精になると、採卵後の受精卵の培養・凍結などの設備が必要になるため、その設備を保有している専門クリニックや大学病院などを受診することになります

 

②実績

いわば「数字」を見ることになりますが、数字を示す場合、より成績の良いものを強調したり、都合の良いものを選択し、公開しているケースがあります

妊娠に関する数字は、延べ人数やパーセンテージなどで示されます
延べ人数なら、通院者数の多い規模の大きなクリニックのほうが、通常は多くなります
パーセンテージなら、分母と分子が異なると数字が変わるので、比較をする場合、同一の基準であるかを確認した方が良いです

どちらのケースも、妊娠の定義があいまいになっているところが多いです
妊娠検査薬などの「妊娠陽性反応」で妊娠とするか「胎嚢が認められる臨床妊娠」を妊娠とみなすか、数値を良く見せるために妊娠の定義を示していないところもあります

私個人としては、大事なのは「出産率」だと思いますが、その数値を出しているところはほとんどありません
妊娠するとクリニックを卒業するので、出産率を把握しにくいという面もあります

 

③相性

医師との信頼関係は非常に大事です
自分のからだと命運を「この人に託せる」信頼できる医師に出会えるか
口コミや評判と、実際に会って話してみた印象は異なることもあるので、自分に合うかどうかが大事です

 

④方針と技術

クリニックとして、もしくは医師としての治療方針は必ずあります
・どんな方法を提示してもらえるか
・こちらの要望を考慮してもらえるか
・薬を積極的に使う・使わない 薬の使用法・加減(量・頻度・種類)
・検査結果がすぐに出る設備があるか(結果が後日だと通院頻度が増えます)
・採卵技術や培養技術の差
・シート法、2段階移植、複数個の胚移植などの方法をおこなっているかどうか

 

⑤費用

保険適用外の治療になれば、それまでと桁違いの費用になることもあります
同じ治療内容でも、クリニックにより費用が異なります
採卵や移植といった大きな費用以外にも、薬や注射などその他の費用が増えると、トータルの費用が想定外になることもあります
また、クリニックによって、成功報酬制や、胚移植の回数を重ねていくと費用負担を軽減させていく料金設定を取り入れているところもあります

 

⑥通いやすさ 立地

・遠方まで通院する方もいますし、さまざまな負担を考えて近所のクリニックを選択する方もいます
・待ち時間の長さ 予約制か受付順か
 長い待ち時間は、身体的にも精神的にも負担になります
・診療時間と休診日の有無
 仕事などの都合で、診療時間内に通える範囲で探すこともあります
 休診日があることで、スケジュールの変更などを避けるために、年中無休のクリニックを選ぶ方もいます
・待合室の雰囲気
 一般の婦人科では、お産を扱っていなくても、妊婦健診で通院する方など、いろんな方がいます
 専門クリニックは、妊活の方がほとんどです
 それぞれ待合室の雰囲気は違うようです
・第2子希望の方などは、子連れでも通院しやすいか
 子連れの方でも比較的通いやすいクリニックもあれば、子連れ禁止にしているクリニックもあるようです

 

これら以外にも選択基準はあると思います
完璧なところはほぼ無いと思った方がいいです
それらの中で「自分は何を優先するのか」を考慮すると、比較的選びやすいかもしれません
ただ、いろいろ考えたり調べたりしても、行ってみないとわからないこともあるので、「ここが良いんじゃないか」という直感も大事かな、と思います
いろいろと迷ったり悩んだりするときは、治療の際に、何でもご相談ください

 

◎子宝希望(不妊について)

◎不妊とその要因

◎婦人科の基礎知識

◎不妊治療の基礎知識

◎治療法の3ステップ

◎鍼灸による不妊治療

◎鍼灸治療のペースと期間

◎妊娠に至るまでの期間

◎不妊治療専門クリニック一覧

◎ゆかり堂の少子化対策

◎胚移植と鍼灸治療

◎慢性子宮内膜炎と検査のタイミング

◎妊活コラム